レシピ第22弾:窯焼きナン

以下の動画でご紹介しております。

必要な材料

  • 強力粉:250 g
  • 牛乳:100 cc
  • 水:50 cc
  • 塩:5 g
  • 無糖ヨーグルト:30 g
  • ドライイースト:2 g
  • 砂糖:23 g
  • サラダ油:10 g
  • バター:20 g

今回もピザの時と同様に強力粉はリスドォルを使っていますが、ナンはそこまで強力粉に拘らなくても大丈夫です。

作るときのコツ

◆ 水分が多くてベタベタする時にポイント

水分が多くて結構ベタベタして、生地が手につくことがあります。その場合は、材料に記載に量よりも少し多めに強力粉を入れると解決します。また、発酵が終わった時にお皿から取り出すときにしっかり打ち粉をしましょう。

◆ 成形は適当!

最後に生地をナンの形に成形するときは、麺棒を使ってもいいですし、どのようにやってもOKです。ナンの形になれば問題なし!

◆ 300〜500℃で焼く

インド料理屋さんのナンは、インドのタンドールという窯を使って300〜500℃という高温で焼き上げています。窯焼名人は窯内温度をタンドールと同じ温度を実現することができ、ナンを窯焼名人で焼くことは理にかなっています。焼き過ぎに注意してください。90〜120秒という短時間で焼き上げるのがコツです。

◆ 最後に溶かしバターで仕上げ

最後にレンジで溶かしたバターをナンに塗って仕上げましょう。バターの風味でより美味しく仕上がります。

あなたもENROのピザ窯でお店レベルのピザを体験しませんか?

アウトドア用ポータブルピザ窯  「窯焼名人2」
アウトドア用ポータブルピザ窯  「窯焼名人2」

アウトドア用ポータブルピザ窯 「窯焼名人2」

¥36,980
  • 約4000台を販売した窯焼名人の後継モデル
  • 10.7 kgと更に軽量&コンパクト
  • 10〜20分で窯内温度は400℃以上に到達
  • 温度計付きで窯内温度が一目で分かる
  • 木質ペレット、薪、炭といった複数の燃料に対応
  • 燃料の再投入が更に楽に
  • 持ち手があり運びやすさ抜群
  • キャンプやお庭で本格的ナポリピッツァを堪能
  • ピザだけじゃない!窯焼きパン、窯焼きステーキなども調理可能
  • 収納バッグ付き
  • メルマガで随時レシピを配信。飽きることなくお使いください
詳しくはこちら
【1月下旬頃お届け予定】ガス式のポータブル本格ピザ窯「ガス式窯焼名人」
【1月下旬頃お届け予定】ガス式のポータブル本格ピザ窯「ガス式窯焼名人」

【1月下旬頃お届け予定】ガス式のポータブル本格ピザ窯「ガス式窯焼名人」

¥49,980
  • OD缶、CB缶、LPGガスボンベといったガスに対応
  • 煙が出ないのでマンションのベランダや自宅で使える
  • 10〜20分で窯内温度は400℃以上に到達
  • 温度計付きで窯内温度が分かりやすい
  • 11.3kgと軽くて持ち運びやすい
  • 木製のおしゃれな持ち手があり運びやすさ抜群
  • もちろんやキャンプでも使える
  • ピザだけじゃない!窯焼きステーキやブラウニーなども調理可
  • メルマガで随時レシピを配信!飽きることなくお使いください
詳しくはこちら
【1月下旬頃お届け予定】窯焼マスター ハイブリッド燃料 アウトドア用ポータブルピザ窯
【1月下旬頃お届け予定】窯焼マスター ハイブリッド燃料 アウトドア用ポータブルピザ窯

【1月下旬頃お届け予定】窯焼マスター ハイブリッド燃料 アウトドア用ポータブルピザ窯

¥64,980
  • 同梱のアタッチメントを変更するだけでガスも薪も使える
  • OD缶、CB缶、LPGガスボンベといったガスに対応
  • 薪、炭、オガライトに対応
  • ガスだと煙が出ないのでベランダや自宅で使える
  • 15〜20分で窯内温度は400℃以上に到達
  • 温度計付きで窯内温度が分かりやすい
  • 蓋により高い保温性
  • 入口の高さが最大15cmで食パンなど高さがあるお料理も可能
  • もちろんやキャンプでも使える
  • ピザだけじゃない!窯焼きステーキやブラウニーなども調理可
  • メルマガで随時レシピを配信!飽きることなくお使いください
詳しくはこちら

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています!

ナポリ風ピザ生地の作り方

レシピはこちら

ローマ風ピザ生地の作り方

レシピはこちら

窯焼きカンパーニュ

レシピはこちら

窯焼きフォカッチャ

レシピはこちら